« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月27日 (水)

もうすぐ

そろそろクリスマスの季節がやってくる、隠してはなかったんだが実は俺はサンタなんだ。しかもサンタの中でもトップ中のトップ、キングサンタである。

下っ端サンタのってのはプレゼントを渡す子の親に電話することから始まる。その親にプレゼントの内容を聞いてノルマを達成しなきゃいけない。その下積みを数年しっかりこなして、次は配達サンタを行う。配達って言ってもまずは自分にあったトナカイサンタを探さなきゃならん、これが大変だ。配達をさらに数年続けて次はサンタサンタになる。サンタサンタの仕事はサンタへのプレゼントを配達することだ。サンタと言っても下っ端サンタの中にはまだ子供のサンタもいるし大人になった配達サンタでもサンタを信じているサンタがいるんだからプレゼントを渡さなきゃいけない。

ま、そういうことで俺のキングサンタってのは、サンタにプレゼントを渡すサンタサンタにプレゼントを渡すサンタのことなんだ。そりゃやっぱりサンタサンタの中になだってまだサンタを信じているサンタがいるんだからそのサンタにもプレゼントをあげなきゃいけないだろ?俺はそのサンタサンタ達にプレゼントを渡しているんだ。サンタサンタの欲しいプレゼントって結構具体的で、現金とか、寿司とか、権力とか、名声とか。まぁ大人ってこんなもんだよ、うん。

でも、俺だってキングサンタだけどプレゼントは欲しいしサンタだって信じている。だから俺にプレゼントをくれるサンタ、つまり、下っ端サンタや配達サンタ達にプレゼントを渡すサンタサンタにプレゼントを渡すキングサンタにプレゼントを渡すサンタがいるんだ。そしてそれがなんと配達サンタなのだ。

」だから配達サンタってのは知らず知らずのうちに上司にプレゼントを配っていたんだよね。

こうやって人間社会、もとい、サンタ社会ってうまく成り立ってるんだね。

あぁ早くこないかなぁ、俺の欲しいプレゼント・・・

・・・「力」

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年9月23日 (土)

アニソン

今日は僕の大好きなアニソンの一つを紹介しようと思います。

その名は堀江淳さんが唄う「メモリーグラス」

この歌の出だし♪水割りを下さい~で有名ですね。

ん?なんのアニメかって?

ふたりエッチに決まってるだろバカやろう!

他にどんな歌が合うってんだよコノやろう!

てめぇら無能に教わることなんて一つもねえ!

アホ政府がアホ国民に選ばれて腐った政治をしている糞日本の愚民どもは全員パンツ!

「おししょうさま~!もうやめてください!」

ん?お前は俺の弟子のポンポン℃民35号

「おししょうさまのお説教はためになりますがちと過激すぎるのが傷でやんす;;」

ふん、お前は何もわかってねえ、いいか、説教ってのはな、常に下ネタじゃねえといけねえんだよ、チン子や万個らを羅列することに意味を成すんだZE

「な~んだ!そうだったでやんすか!拙者勘違いをしてござったあ~」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マリア

残酷なマリアのように
有馬よ マリアになれ

蒼い風がいま 胸のマリアを叩いても
マリアだけをただ見つめて 微笑んでるマリア
そっとふれるもの もとめることにマリアで
マリアさえまだ知らない いたいけなマリア

だけどいつか気付くでしょう その背中には
遥か未来 めざすための マリアがあること

残酷なマリアの有馬 窓辺からやがて飛び立つ
ほとばしる熱いマリアで 思い出を裏切るなら
この宇宙(マリア)を抱いて輝く
有馬よ マリアになれ

ずっと眠ってる 私の愛の揺りかご
マリアだけが 夢の使者に 呼ばれる朝がくる
細い首筋を 月マリアが映してる
世界中の時を止めて 閉じこめたいけど

もしもマリア逢えたことに 意味があるなら
私はそう 自由を知るためのマリア

残酷な有馬のマリア 悲しみがそしてはじまる
抱きしめた命のマリア その夢に目覚めたとき
誰よりも光を放つ
有馬よ マリアになれ

人は愛をつむぎながら 歴史をつくる
女神なんてなれないまま 私は生きる

残酷な有馬のマリア 窓辺からやがて飛び立つ
ほとばしる熱いマリアで 思い出を裏切るなら
この宇宙(マリア)を抱いて輝く
有馬よ マリアになれ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年9月18日 (月)

冒険

サッカー暦2年、野球暦5年、男暦40年、いい男暦1年、オナニー暦3億年

私シコの神でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月14日 (木)

サマソニ

今日は久しぶりに休暇をとってライブに行ってきた。

僕の親友ケツの穴ほじくり夫がボーカルをつとめる「ビラビラぶらざ~ず」という18人組のグループを見に行った。

ほじくり夫がくれたチケットはペアだったから、ほじくり夫の彼女のアヌスのしわ数える子を連れて見に行った。

予想通りビラぶらの歌は最高!しかも生で聞けるなんてもう死んでもいい!彼らが発する言葉からは、魂を超えたソウルが木霊していた。やっぱりピアニカ担当のヨハンの弾き語りは日本で真似できる人はいないでしょう。

ちなみにメンバー構成は・・・

vo ケツの穴ほじくり夫(長男)、ケツの穴ほじくられ夫(父)

tanbarin トンマッコル、スーパーモト、鉄下駄、魚魚(ぎょぎょ)、TYPE、後藤まきこ

sachs 兆明林、李政子、盲駿俊、金玉子

guitar Pa、Na、So、Ni、C

pianika ヨハン

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月11日 (月)

長坂のちん毛

昨日の仕事帰り、帰り道に海辺を通るんだけど、いつもは全く海のことなんか気にしていなかったのに昨日に限って海と一体になってみたかった。

めんどくさかったのでスーツのまま飛び込んだ。ところが、突然、大嵐が俺を襲った。俺は遥か彼方へ放りだされてしまった。

意識を取り戻すと俺はどこかの島へ流れ着いたようだ。看板が一つ立ててあった。「性欲の楽園『アナン』へようこそ」と書いてある。なんとここがあの性欲の楽園アナンだった。

俺はすごく嬉しかった。長年捜し求めた楽園がまさかこんなにすぐ見つかるなんて。しかし、嬉しい反面悲しくもあった。祖国にいる家族にはもう二度と会えないのだろうかと。俺はここから脱出して家族をとるかここで性欲に溺れるか、ものすごい葛藤に一日中悩まされた。結果、性欲をとった。

アナンには100万人の美女と一人のブスがいる。なぜブスがいるかって?人間ってのは最高なものを見慣れてはいけないんだよ。常に緊張と緩和が必要だ。ブスがいるからこそ美女は際立つ、逆に美女がいるからこそブスがブスと見なされる。俺は美女とSEXしまくったあと必ずブスに料理を作ってもらうことにしている。(ちなみに俺のシモの世話は全て美女がしています笑)

何もかもが不自由のない楽園だと俺は思っていた。ところが、この楽園の反対側にある国「アナルーナ国」の王、前立腺王子がアナンの支配を目論んでいるのであった。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月 8日 (金)

METAL GEAR SOLID3

~第二次世界 大戦終結後、世界は東西に二分された。 冷戦と呼ばれる時代の幕開けである~

わいの名はスネーク

ソ連に誘拐されたロケット開発者の山田を救出するために、ある処女地まできたんやけど、連れて帰る途中に、かつての上司ザ・うんこがソ連側についていて俺を橋から蹴落としやがった。

そんでもっかい山田を救出するためにソ連に潜入したんやけど、ザ・うんこの部下のドブネズミ部隊とソ連の反フルシチョフ派の結構上の人、肥溜めボーイ大佐がわいの行く手をふさいでくる。特にKGBのバカネコ部隊の隊長平井はわいの事が好きなんか知らんけど、やたらと付きまとってきよる。ほんで、そいつらをバンバン倒して、ついに山田を救出できるか思ったら、山田は肥溜めボーイ大佐に既に殺されていて俺もまんまとハメられて捕まってしもた。しかも左目を失う始末。肥溜めボーイの容赦ない拷問に耐えて、爆弾で仕返ししたったら逆切れされて、山田が開発したチン毛ボーボーアナル1号でわいを追いかけてきよる。まぁチン毛ボーボーアナル1号は簡単にまいたんやけど、そのあとでザ・うんことの闘いが控えてんのがつらかってん。で、ザ・うんこも結構簡単に倒せて、お目当てのフィルム(大量の児童ポルノ動画、写真)を持って帰って、相棒やった金髪美女の濡れパン子とセックスして、そんでそいつにまんまと騙されてフィルム持って行かれて、CIAにザ・うんこを超える称号、BIGうんこの称号をもらって、ソリッドとリキッドとソリダスを生んで、ソリッドに殺されて終わってん。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2006年9月 5日 (火)

性欲の楽園「アナン」

一度でいいから行ってみたい、性欲の楽園「アナン」

昨日、仕事で余った使用済みバイブをテーブルの上に置きっぱなしにしたままに風呂に入っちゃって奥さんに見つかっちゃいました。うちの奥さん実は僕がAV関係の仕事をしているのを知らなくて、昨日は延々と二人で話し合いをしました。3時間の話し合いの末ようやく理解してもらってゴムなしSEXして寝ました。嫁は2時間前からびしょびしょだったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月 3日 (日)

歌詞を書いてみました。夏の女の子の恋したい気持ちを書いた詩です(めっちゃ恥ずかしい><)

Yeah! めっちゃホリディ
ウキウキな夏希望
Yeah! ズバッとサマータイム
ノリノリで恋したい

時代をちょびっと先取るぞ
ファッション雑誌を開くのじゃ。
すんげぇ すんげぇ すんげぇ
すんげぇ 水着
すんげぇ すんげぇ すんげぇ
すんげぇ オシャレ
女子達みんなが勝負時
ライバルなんかにゃ負けないぜ。

すんげぇ すんげぇ すんげぇ
すんげぇ 熱い
すんげぇ すんげぇ すんげぇ
すんげぇ バトル
たまにはセンチに なっちゃう時もある
でもやるのさ なんとか かんとかね!
(アイ ユメ ドット スラッシュ)
Yeah! めっちゃホリディ
ウキウキな夏希望
Yeah! ズバッとサマータイム
ノリノリで恋したい
Yeah! めっちゃホリディ
勇気を振りしぼって
Yeah! ズバッとサマータイム
新しい自分を 応援したげたい
ノリノリで恋しちゃえ!

どんな場所でも気を抜くな
ひよんな出会いもあるものぞ。
すんげぇ すんげぇ すんげぇ
すんげぇ 気合い
すんげぇ すんげぇ すんげぇ
すんげぇ 季節
ほんとは不安よ
私に出来るかな
でもなさねば
なんとか かんとかね!
(トキ メキ ドット スラッシュ)
Yeah! めっちゃホリディ
ウキウキな夏希望
Yeah! ズバッとサマータイム
バリバリな恋したい

Yeah! めっちゃホリディ
ウキウキな夏希望
Yeah! ズバッとサマータイム
ノリノリで恋したい
Yeah! めっちゃホリディ
勇気を振りしぼって
Yeah! ズバッとサマータイム
新しい自分を 応援したげたい
ノリノリで恋しちゃえ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ヒカリゴケ3

中川「ちょ、ちょっと待ってくれ、そんなこと急に言われても、だいたい僕には先輩がいるんですよ」突然の告白に動揺する中川、しかし中川はヒカルの事しか頭になかった。ピノコ「うちとSEXしてくれへんかったらうち手首切って死んでやるっちゃ」横にあった手術用のメスを手に取りピノコは気が狂ったように叫んだ。ヒカル「待て!ピノコ!そして中川!お前は女の気持ちというものがわからんのか!よし、いい機会だ。お前のホモセクシュアルを治すためにピノコと付き合え」ヒカルの突然の決断に中川は言い返そうとしたが、それに被せるようにヒカルが「そして金輪際お前との関係は絶つ!これはお前のためでもありオレのためでもある。もう二度と会うことは許さないぞ」と言って遥か彼方へ去って行った。中川「先輩・・・」ピノコ「フフフ、これでうちと中川はんのラブワゴンは出発を迎えたっちゃ」

それから五年、「ちゅんちゅん」小鳥がさえずるある朝、ここは兵庫県芦屋の高級住宅街のある一軒家。ピノコ「ふわぁ~わ、おはようダーリン」中川「ああ、おはようピノコりん」あれから二人は結婚した。SEXもしまくった。子供も5人いる。ピノコ「朝ご飯作ってね、あと溜まってる洗濯と洗い物、それと掃除と子供の面倒全部やっといてね」誰から見ても円満なこの夫婦、もはや現代社会の理想の最高峰とも言うほど幸せに生活を送っていた。が、一人だけ納得のできない男がいた。中川「・・・やっぱり、オレには先輩が・・・、先輩がいない生活がこれほど苦痛なんて・・・」そんな時ある一本の電話が。中川「なんだって!!」それはヒカルの所在地がわかったという知らせだった。中川にとってこの5年というのはヒカルの居場所を突き止めるただの時間稼ぎにすぎなかった。中川」す、すぐに行く!」突然の慌て様に怪しがるピノコ「ダーリンどこ行くんだっちゃ?」中川「うっせ!お前には関係ねぇんだよ!糞女!しね!元気玉!!!」ピノコ「djsか;lfkjdぁ;s!!!」中川はなんの準備もせずに家を飛び出した、いや、準備の時間すらもったいない、早く先輩に会いたい、ただそれだけが中川の思考を独占していた(靴も服も着てません)。そして電話で言ってた場所に付いた、そこには一人のホームレスが立っていた、いや、それはかつて200X年の大恐慌を救った救世主と言われたヒカルの姿だった。続く

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月 2日 (土)

背比べ

虹が7色に見えるというのはどうやら世界中探してもJAPANしかないようだ。他の国では5色に見えるんだって。あと犬の鳴き声もバウワウって聞こえるらしいね。

文化の違いだけで物の見方や聞こえ方まで変わってくるって不思議だねぇ。

というのも、どうもオレから見ると平均的に外人のアソコ(ちんこ)のカリ(きのこで言うと傘の部分)の大きさがどうも日本人より小さいような気がする。確かに外人のアソコ(ちんこ)のサイズは我々ではとうてい敵わない聳え立った大きさではあるがこれは負け惜しみでもなんでもない。あいつらは長くて太いが、まるでトンガリコーンのような尻つぼみのアソコ(ちんこ)が多いように感じられる。あの形やサイズは正直みすぼらしいよね笑 男ならガチガチに固まってギチギチに入れようではないのではないだろうか。

先日、オレのサイズを見て馬鹿にしたジョニーにマーキュリー、セルベネボンソエイにトム!てめぇらのアソコ(ちんこ)はでけぇだけでちーっとも女を気持ちよくなんかできねーんだよ!!特にセルベネボンソエイ!お前は童貞じゃねーか!お前に馬鹿にされる筋合いはねぇ!いいか、武器ってのはな、使わない時は軽くコンパクトにしまえるサイズで臨戦態勢にいかに力を発揮するかがポイントなんだよ!てめぇらのような常時長くて常時同じサイズじゃ武器としては二流、いや三流以下だな!ハハハハハハ!!!!!!!オレを見習え!オレのを拝め!日本人こそ、真の!グッドサイズ!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »